出会いオンライン

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網膜剥離裂孔

2012.12.02 01:05|日記
4年前の9月の連休、祖母に頼まれてビーズの指輪をたくさん作っていました。

その時、視界の右上に現れた黒いもの。

髪の毛が目の前にかかっているのかと思って、払っても払ってもなくなりません。

そして、それが、私の目の中だけで起こっていることだとわかりました。

連休明けに近くの眼科に行くと、網膜に孔が開いて、少し剥がれてしまう

「網膜剥離裂孔」 と診断されました。

しばらく様子を見るようにと言われましたが、網膜が完全に剥がれてしまった場合

には、大変な手術をしなければならないとのこと。

そうなれば、入院で1週間、仕事に復帰出来るまでに1ヶ月かかるらしく。

結局、網膜が少し剥がれてしまい、眼底出血したので、レーザー手術することに

なりました。

でも、その後も何度も何度も出血を繰り返しました。

出血しても、見た目には何も変わらないので、周りの人は誰も気づかないのですが、

自分だけは 「あー、今、出血してるー」 ってわかるんです。

そんなことが何度も続いて不安になったので、眼科を変えました。

でも、そこもいまいちだったので、今度は大学病院へ。

そこは最悪で、あまりにもひどかったので、また1つ前の眼科に戻りました。

でも、眼底出血は何度も繰り返すし、その眼科からは、硝子体手術をした方がいいと

勧められて。

どうにも納得いかなかったので、良い眼科がないかとネットで色々調べました。

そして、見つけました。

「これだ!!」 と思った先生は、横浜の眼科で診察している先生。

あまりにも遠いけれど、最後の砦でした。

ずっと不安でしたが、一筋の光が見えました。

受診する前から、 「この先生なら絶対に大丈夫」 という自信がありました。

そして、その眼科を初めて受診した日、そのままレーザー手術を受けました。

最初の眼科で打ったレーザーは、肝心なところを避けて打っているので意味がなく、

それで何度も出血を繰り返しているそうです。

この先生には がっつり打って貰い、それ以来、あれほど出血していたのが嘘のように

全く出血しなくなりました。

でも、レーザーを打ったからといって、網膜剥離にならないという保証は全くなく、

それは神様にしかわからないことらしく。

剥がれてしまったら、即手術&入院なので、いつそうなるかという不安と闘いながら

爆弾を抱えて生活してきました。

常に見えている砂の嵐と、大量の糸くずのようなものは、一生消えることはないので、

ずっとこの目と付き合っていかなければなりません。

定期的に受診していますが、その先生は月に一度、土曜しか診察しないので、その

一度を逃したら翌月になってしまいます。

横浜まで、3つの路線を乗り継いで片道1時間半、そして、眼科での待ち時間が3時間。

眼科に行くのは一日がかりです。

予定がある時は行かれないし、体調も絶好調でないと厳しいです。

2年前の7月には、左目も同様に網膜剥離裂孔になってレーザー手術をし、それからも

定期的に通って両目を診て貰っています。

前回受診したのは、去年の8月。

それ以来、受診していませんでした。

最近、目の前に見える砂の嵐や糸くずがかなり増えたのが心配で、10月に受診する

つもりでいたのに、体調がどうにもこうにも悪くて行かれず、更に、先月はその先生の

診察日がなかったので、ようやく今日(もう昨日の話ですが)行って来ました。


長くなったので、続きは次の記事で書きます。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

けい☆けい

Author:けい☆けい
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。